スポンサーサイト

  • 2015.04.20 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    4月2日の夜、ミニ学習会「二本松市周辺はなぜ甲状腺がんが多いのか」を開きます。

    • 2015.04.01 Wednesday
    • 00:40
    興味深い学習会がありましたのでお知らせいたします


    「放射線被ばくを学習する会」では、この木曜、

    4月2日の夜、ミニ学習会「二本松市周辺はなぜ甲状腺がんが多いのか」を開きます。
    是非ご参加ください
    チラシPDF、地図はこちら
    http://www57.atwiki.jp/20030810/pages/203.html

    場所は文京区の男女平等センターです。
    時間帯は 夜です。

    会場の席数が約20席と限られていますので、
    ご参加くださる方は、
    必ず事前にお申し込みください。先着順です。
    anti-hibaku@ab.auone-net.jp

    ※なお、内容は学習する会ホームページにて、後日映像配信いたします。
    http://www57.atwiki.jp/20030810/

    ===================================================
    4.2ミニ学習会「二本松市周辺はなぜ甲状腺がんが多いのか」
    ===================================================

    ◆「福島の地形と風向きから考える」:菊池京子
    福島の立体地図を見ながら、地形から風向きと放射性物質の行き先を考えます。

    ◆「二本松市のヨウ素濃度は高かった」:温品惇一
    ヨウ素131放出量の推定値が大幅に過小評価されていたことが、昨年末のNHKスペシャル「知られざる大量放出」で明らかになりました。放出量をどうやって推定しているのか、二本松市周辺はどう推定されているのか、紹介します。

    4月2日(木) 午後6時15分〜9時15分(午後6時開場)

    文京区男女平等センター・研修室D
    地下鉄丸の内線、大江戸線「本郷三丁目」駅下車 徒歩5分、都営地下鉄「春日」駅7分
    文京区本郷4-8-3 本郷真砂(まさご)アーバンハイツ1階 TEL
    03-3814-6159

    参加費:500円(資料代込み)
    申込先:anti-hibaku@ab.auone-net.jp
    事前申し込み

    ***************************
    放射線被ばくを学習する会
    ***************************

    チェルノブイリ事故の教訓学ぶ 福大でセミナー開幕

    • 2015.03.26 Thursday
    • 19:30

    チェルノブイリ事故の教訓学ぶ 福大でセミナー開幕

    福島民報 3月26日(木)



       

     「原子力災害の心理的影響を考える国際セミナー―チェルノブイリ事故の教訓を学ぶ―」は25日、福島市の福島大で始まった。26日まで。
     初日は、福島大災害心理研究所の筒井雄二所長(共生システム理工学類教授)が、東京電力福島第一原発事故の心理的影響調査を踏まえ、「母親と子のストレスが、互いに影響し合っている」との考えを示した。
     チェルノブイリ原発事故の影響を調査しているウクライナとロシアの研究者らが参加し、それぞれの研究成果を発表した。
     福島大と氏家達夫名古屋大大学院教育発達科学研究科代表が、サントリー文化財団の助成を受けてセミナーを企画した。

    大型遊具や砂場設置 保原に屋内遊び場25日オープン

    • 2015.03.25 Wednesday
    • 08:47

    大型遊具や砂場設置 保原に屋内遊び場25日オープン

    福島民友新聞 3月25日(水)



       

     伊達市が同市保原町上保原地区に整備した屋内遊び場「スマイルパークほばら」が25日にオープンする。24日、現地で式典を行い、子どもたちが施設の完成を祝った。原発事故後、外遊びの機会が減った子どもたちの運動不足解消に役立てる。同市霊山町の廃校を利用した施設に続き、市内で2カ所目。
     施設は木造2階建てで、延べ床面積約695平方メートル。屋内では県内最大規模という立体的な大型遊具「コンビネーション遊具」を設置したほか、砂場や乳幼児向けのスペースも設けた。式典であいさつした仁志田昇司市長は「子どもたちの歓声や笑顔があふれる施設になるよう願う」と期待を込めた。
     利用は無料。対象は乳幼児〜小学6年生で、小学3年生以下は保護者の同伴が必要。入場は入れ替え制で、午前9時30分、午後1時、同3時10分からの1日3回入れ替えする。水曜日休館。

    ==========================
    福島から避難した子どもとママに寄り添う活動をつづけています。
    NPO法人ココロとカラダを育てるハッピープロジェクト
    http://kokokara-hp.org/
    ==========================

    妖怪ウォッチがやってきた! ハワイアンズで期間限定

    • 2015.03.23 Monday
    • 15:15

    妖怪ウォッチがやってきた! ハワイアンズで期間限定

    福島民友新聞 3月22日(日)



       

     スパリゾートハワイアンズ(いわき市)は21日、同施設のウォーターパークにアニメなどで人気の「妖怪ウォッチ」のキャラクターが登場する「妖怪ウォッチプールランドinハワイアンズ」をオープンさせた。
     高さ約3メートルの「ジバニャン」をはじめ15種類の人気キャラがお目見えしたのは、子ども用、幼児用プールがある「ワイワイオハナ」。ジバニャンはプールサイドで愛くるしい姿を見せており、人気キャラが描かれた「キャラクタースライダー」などが設置された。
     5月6日までの期間限定(メンテナンスのため幼児プールのみ4月7日〜10日は休止)となる。

    福島民友新聞


    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    この施設のある場所は、 東京と同じくらいの空間線量です。
       「だから安心☆ 行ってみよう! 」
    と思うか、 
       「え?! 東京って福島と同じくらいの空間線量なの?!」
    と思うかは、個人の判断ですので、責任はもてません。よろしくおねがいします。

    ==========================
    福島から避難した子どもとママに寄り添う活動をつづけています。
    NPO法人ココロとカラダを育てるハッピープロジェクト
    http://kokokara-hp.org/
    ==========================

    「ペップキッズ」入館100万人超 郡山で子どもの遊び支える

    • 2015.03.23 Monday
    • 15:09
    ここから本文です

    「ペップキッズ」入館100万人超 郡山で子どもの遊び支える

    福島民友新聞 3月23日(月)



       

     21日に入館者100万人を超えた郡山市の屋内遊び場「ペップキッズこおりやま」。なわとび遊びや親子でダブルダッチなどの記念イベントも行われ、大勢の子どもたちが元気いっぱいに体を動かし遊び回り、館内に笑顔が広がった。「日本一元気な子どもたちに育ってほしい」。子どもたちの姿を見守った関係者は決意を新たにした。セレモニーでは、品川萬里市長が「(ペップキッズは)今までにない連携の成果。この子たちが素晴らしい明日の郡山、本県、日本の担い手に育ってくれるよう努力していく」、ヨークベニマルの大高善興会長も「日本一明るく、元気に前向きな遊び場となるよう陰ながら支援したい」とあいさつした。
     官民連携で2011(平成23)年12月にオープンした同遊び場は「遊び・学び・育つ」を基本理念に、子どもたちが元気に体を動かすための多彩な遊具や砂場などを備え、昨年4月には乳幼児用スペースを拡大するなど改修。市外、県外からの利用も多く、県内では冬の時期に会津地方の子どもたちも訪れる。「プレイリーダー」も常駐し、子どもたちの遊びを支援している。
     長女の陽花里(ひかり)さん(8)、次女の陽茉里(ひまり)ちゃん(3)と毎週のように同施設を訪れるという佐藤ゆかさん(27)は「子どもが疲れるまで遊べるのでストレス解消になっている」と話し、陽花里さんも「思い切り体を動かせて楽しい。(屋外サーキットの)自転車や走るところが気に入っている」と笑顔を見せた。


    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    おおもとは遊具輸入代理店なのでしょうか。福島の子どもと母親の商圏を利用しているなどと、いろいろな声を聞きますが。。。
    健常者しか遊べない施設 ということで、賛否両論のようです。

    ==========================
    福島から避難した子どもとママに寄り添う活動をつづけています。
    NPO法人ココロとカラダを育てるハッピープロジェクト
    http://kokokara-hp.org/
    ==========================

    (集まれ)3月29日「東日本土壌ベクレル測定プロジェクト」

    • 2015.03.22 Sunday
    • 15:51

    「東日本土壌ベクレル測定プロジェクト」からのイベント案内です。
    ===========================
    2014年10月からスタートした「東日本土壌ベクレル
    測定プロジェクト」。
    多くの皆様のご協力で、プロジェク
    トがようやく形となり動き出し、最初の報告会を開催する運びとなりました。
    プロジェクトおよび市民放射能測定室や測定活動にご関心のある一般の皆様に広くご参加いただきたく、ご案内いたします。
    土壌プロジェクトに既に参加している地域のグループの方はもちろん、これから土壌プロジェクトに参加をされたい方や検討されている方、放射能汚染に関しての関心をお持ちの方、多くの方にご参加いただければと存じます。年度末の忙しい時期ですが、ふるってご参加ください。 

    日時: 2015年3月29日(日) 開場13:45 開演14:00(〜17:00)
    (*12:45〜13:45までは参加測定室向けの打ち合わせを行います)
     
    YMCAアジア青少年センター
    東京都 千代田区猿楽町2-5-5


    参加費:無料

    内容: 
      ・「みんなのデータサイト」概要説明
      ・食品データが1万件を超えました!
      ・参加測定室のご紹介
      ・東日本土壌ベクレル測定プロジェクトとは?
      ・土壌採取グループの結成と運営について
       各地域のグループから事例紹介
      ・地元で取り組みたい方のための相談コーナー
      ・クラウドファンディング、スタートします!
      ・測定室によるブース出店あり・交流タイム  ほか

       ※終了後、有志にて懇親会あり。 


    協力:
      ・慶應義塾大学 SFC研究所 デジタル市民社会デザインコンソーシアム
      ・子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク
      *この活動は、一般社団法人アクト・ビヨンド・トラストの「2014年度企画」助成を受けています。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM