スポンサーサイト

  • 2015.04.20 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    溶け落ちた核燃料取り出す新たな方法を提示

    • 2015.04.10 Friday
    • 02:05

    溶け落ちた核燃料取り出す新たな方法を提示

    日本テレビ系(NNN) 4月10日(金)

     廃炉作業が行われている東京電力・福島第一原発で、溶け落ちた核燃料をどのように取り出すのかについて、新たな方法が示された。

     福島第一原発の1号機から3号機では事故で核燃料が溶け落ち、どこにどれだけあるのか、今も詳細は分かっていない。廃炉作業においては、この溶け落ちた核燃料を取り出すことが最大の課題となっている。

     政府はこれまで、原子炉の中を水で満たし放射線を遮った上で、溶け落ちた核燃料を取り出す「冠水工法」を掲げていた。これに対し、政府の方針に技術的な提案などを行っている原子力損害賠償・廃炉等支援機構は、水素爆発で損傷した原子炉の補修が難しく、水で満たすことができない場合、水で満たさずに原子炉の上か横から溶け落ちた核燃料を取り出す新たな方法の概要を9日、正式に提示した。

     機構は今後、政府と協議した上で、各号機の原子炉の損傷や溶け落ちた核燃料の状況を精査し、どの方法をどう用いるのが良いか、2年程度で結論を出したいとしている。

    ==========================
    福島から避難した子どもとママに寄り添う活動をつづけています。
    NPO法人ココロとカラダを育てるハッピープロジェクト
    http://kokokara-hp.org/
    ==========================

    スポンサーサイト

    • 2015.04.20 Monday
    • 02:05
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM