スポンサーサイト

  • 2015.04.20 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    第 18 回「県民健康調査」検討委員会議事録

    • 2015.04.20 Monday
    • 18:03

     平成27年2月12日に開催された第18 回「県民健康調査」検討委員会の議事録を下記に添付します。

    18 回「県民健康調査」検討委員会議事録

    時:平成 27 2 12 日(木)13:30~16:00 所:グランパークホテルエクセル福島恵比寿 2 階「 さくら 」 者:<委員 50 音順、敬称略>

    明石 真言、井坂 晶、稲葉 俊哉、春日 文子、北島 智子、児玉 和紀、清水 修二、 眤 昇、床次 眞司、成井 香苗、星 北斗、室月 淳

    事務局等関係者:<福島県立医科大学>
    大戸斉 副理事長、阿部正文 放射線医学県民健康管理センター長、

    神谷研二 同副センター長、安村誠司 同副センター長、鈴木眞一 教授、

    前田正治 教授、橋本重厚 教授、藤森敬也 教授、石川徹夫 教授 <福島県>

    鈴木淳一 保健福祉部長、馬場義文 同次長、木本茂宏 健康増進課長、 伊藤直樹 地域医療課長、小林弘幸 県民健康調査課長

    角田祐喜男 県民健康調査課主幹
    ただ今より第
    18 回「県民健康調査」検討委員会を開会いたします。最初に委員の出欠について御報告

    いたします。本日、清水一雄委員、津金昌一郎委員、前原和平委員が欠席となっております。また床次 眞司委員につきましては所用のため 3 時半頃退席予定となっております。

    それでは議事に移りたいと思います。議長は本検討委員会設置要綱により座長が務めることとなっ ております。星座長、議事進行をお願いいたします。

    星北斗 座長
    はい、皆様お忙しい所お集まりいただきましてありがとうございます。 前回お話をしたと思いますが、特に甲状腺検査の結果、これが事前に報道機関を通じて我々の解釈

    あるいは様々な議論を経ないで数字だけが出るということがまた今回も起きたということで、私は非 常に残念に思います。報道機関の自由とか云々という話は別として、隠さない資料ですので、その時期 についての一定の理解が得られる事を望んでおりましたが、そうでなかったことは残念だと思います。 またこれは後ほど先生方からご意見いただきたいと思いますが、私からはそのように皆様にお伝えし て会を始めさせていただきます。

    議事録署名人ですが、これまで基本的には 50 音順でやってまいりました。北島先生いらっしゃって いますので、北島委員と井坂委員にお願いをしたいと思います。よろしゅうございますか。それではそ のようにさせて下さい。それでは冒頭私が述べたことについて、何か意見のある方がいたらどうぞ。

    page1image9160 page1image9320

    1

    清水修二 座長代行 前にも申し上げた事があるんですけれども、この会議で配付される資料は秘密でもなんでもないわ

    けで、公開されることははっきりしております。これを事前に公開することによって、国民や県民が何 ら利益あるかというと、何もそれは無いわけです。無益な事だと思います。そして記事には県立医大の 先生方や我々当事者がコメントできない環境のもとで第三者のコメントが入っていたり、今回の場合 には記事を見ますと関係者という正体不明の人が何か言っているわけであります。こういうやり方は 場合によっては非常に不正確な情報あるいは偏った報道になる可能性があるわけであって、これが今 回 3 回連続しておりますので、私は放置できないというふうに個人的に思っております。しかも今回 は資料を送付するにあたってこの扱いについて注意を喚起すると特別に文書が添えられております。 それにも関わらず、資料が外に出されるということがなされたわけですから、これはもうはっきりと 意図的に悪意をもって誰かがそのような事をやっていると言わざるを得ないわけですね。これは防ぎ ようがないです。次回もこういう事が起こることは確実だというふうに言わざるを得ないので。

    そこで提案なんですけども、全部でなくともいいですから資料の一部については我々も含めて当日 配付にしていただきたい。事前には送付しないという扱いにしたらどうかというふうに思います。た だ、いきなり議論というのは我々はちょっとやりにくいですので、会議始まる前に1時間別室でこれ を読む時間を与えていただきたいと思います。それを提案したいと思います。その分記者会見の時間 が短縮される可能性ありますけれども、これは私はやむを得ないというふうに判断いたします。どう でしょう皆さん。

    星北斗 座長 今、副座長(座長代行)の方からそういうお話がございました。何かご意見あれば委員の間からご発

    言いただきたいと思いますがどうでしょう。そんなの「たまらん」とか色々あると思うんですけど、ど うでしょう。中々発言しにくいですかね。どうぞ。

    成井香苗 委員 はい、成井です。「こころのケア」という所では、私が一人なのかなと勝手に思い、こころの部分に

    ついてこころの健康についてはちゃんと「コメントしなきゃ」ってすごく責任を感じているんですけ れど、それで今回も実際に私の手元に届いたのは 10 日です。だから祭日の1日前に届いて、10 日の 夜に手にして、そして昨日祭日だったので付箋を引いて読むことができたんです。私はこれに 3 時間 くらいかけて読みました。だから1時間で読んで今日のようなコメントができるかというと、おそら くできないと思います。データ量をちゃんと咀嚼して、自分の知っている事と突き合わせて、「こころ のケア」についてどうやったらいいんだろうということを考えなきゃいけないので。そうするとその 思考の時間も必要ですし、調べたりしたくなることもあるので、そうすると 1 時間でそれを全部やる

    page2image6320 page2image6480 page2image6640

    2

    というのは自分がインターネットのパソコンを持ち込んでやったとしても、ちょっときついかなとい うふうに思うんですけれど、いかがですか。

    清水修二 座長代行
    そういうことはあります。私も
    3 時間くらいかけて読みます。従って、私、先程言いましたように

    全部でなくていいと思うんです。例えば、こころの健康と調査に関してはおそらくそういう扱いにし なくてもいいのかなと思うんですよね。少しセレクトした上で判断を事務局の方がやるのか座長にお 任せしてもいいと思いますけれども、そういうふうにしたらいいんじゃないかと。それから、今回直前 の送付になったのは、おそらくは報道機関に流れるということをできるだけなくしたいという配慮だ と思いますから、本当はもっと早く送付することは可能だったのではないかと私は理解していますか ら、時間は例えばこころの健康度調査については保証できるんじゃないかいうふうに思いますね。

    星北斗 座長 どうぞ。

    春日文子 委員 やはり事前にしっかり委員が中身を読んで、その上でこの限られた時間を有意義に使うというのが、

    本来の主旨だったと思うんです。ですので、皆さんそれなりに時間を掛けて読んで下さっていました し、私はおととい出張だったので、これを勤務先で受け取る事が出来なくて、今日この場でご用意いた だいたのですが、実は昨日研究所に行きまして資料を持って来たんですね。そうやって来る時の時間 も活用して中を読もうと努力しております。ですが、実は今日どういうことがあったのか、すみません ちょっと私見てなくて、何があったのか分からなかったのですが、人を悪く疑うわけではありません けども、情報は委員から漏れるとは限らないわけですね。如何にしても防げるわけではないと思うん です。これは報道機関の方にも報道される意味をもう一度考え直していただいて、お互いにより良い というか、意味をお互いに考えていくしか最終的にはないのかなと思います。

    それと、やむを得ずここで時間をいただくとすれば、その時は事務局に外れていただきます。委員だ けで、出来れば個室がいいと思うのですけども。そうでないと私が 1 回目にここに始めて参加した時 に事前秘密会議とかということで批判をされた事がありまして、それと同じことがまた起きてしまう ことになりかねませんので、そこはお互いにきちんとルールを作って行っていただきたいと思います。

    星北斗 座長 はい、この件について他に何かご発言ございますか。こればっかりやっていられないのですけど、今

    座長代行清水先生の方から提案といいますか、1 つの考え方が示されて、春日先生からも成井先生から もありました。だからといってどうするかという話はですね、県が決めるのか誰が決めるのか分かり

    page3image6288 page3image6448 page3image6608 page3image6768

    3

    ませんが、この委員会の運営についてですので、私に一任をいただいてよろしいですかね。よろしいで すか。あの様々な事を考えた上で決めさせていただきます。今まさに春日先生が仰ったように数だけ を報道するということ、つまり一部の議論や評価なしにそれと我々が、論評が出来ずに外に出ていく ということについて、やはり委員会としては非常に資料が漏れたということよりも、我々の議論が正 確に伝わらないままに数字が先に歩くことが我々の議論にとってもマイナスだし、多分情報を受け取 る皆さんにとってもマイナスだろうというふうな思いも私はございますので、その辺りを考慮の上や らさせていただきたいと思います。この件はこれでよろしいですかね。

    それと本日最後にお配り、それこそ最後まで出来上がらなかったから、今日私の私案というのを作 らせていただきました。出来ればこれの議論をする時間を長くとりたいというふうに考えております。 各調査の報告については簡潔明瞭をもってよしとしたいと思いますので、医大の皆さんには大変恐縮 ですけれども、その点ご留意の上ご説明をしていただきたいと思います。

    それではまず議事の 1 です。基本調査について事務局から説明をお願いします。

    石川徹夫 教授
    はい、それでは資料
    1 に基づきまして、基本調査の実施状況について報告いたします。
    最初に
    1 番目の項目、問診票の回答状況及び線量推計作業状況です。(1)は問診票の回答状況です

    けれども、平成 26 12 31 日現在、全県ベースでは対象者 2,055,383 人のうち 554,241 人から回 答が寄せられておりまして、回答率は 27.0%となっております。このうち、簡易版により 63,451 人か ら回答が寄せられておりまして、全体の回答率のうち簡易版による回答が 3.1%を占めております。詳 細は表 1 に示すとおりです。続きまして(2)線量推計作業・結果通知です。現在でも対象の方々から 引き続き回答いただいておりまして、回答数 554,241 件のうち、96.8%にあたる 536,394 件の推計作 業が完了しております。そのうち 531,454 件が結果通知済みとなっております。詳細は表 2 に示すと おりです。なお、結果通知済みの数につきましては前回ご報告いたしました 10 月末現在の値と比べま して 19,260 件増えております。表2を市町村別に示したものが1-5 ページ目の別添資料1となって おります。お戻りいただきまして1-1 ページ目の一番下ですけれども、一時滞在者等に対する推計作 業等も継続して行っておりまして、詳細は表 3 に示すとおりとなっております。

    続きまして1-2 ページ目、実効線量推計結果の状況です。表 2 に示した線量推計済みの対象者か ら推計期間の 4 ヶ月未満の方を除いて、線量別の人数分布を集計した結果を表 4 で示しております。 累計 457,859 人の推計のうち、放射線業務経験者を除く 448,948 人の推計結果は、県北地区では約 87%の方が、県中地区では 92%の方が 2mSv 未満となっております。また県南地区では約 88%の方 が、会津・南会津地区では 99%以上の方が 1mSv 未満となり、更に相双地区では約 78%の方が、いわ き地区でも 99%以上の方が 1mSv 未満となっております。表 4 の一番下に※印で書いておりますけど も、線量別分布状況、年齢別・男女別内訳は別添資料 23、市町村別内訳は別添資料 4 といたしまし て、それぞれ1-678 ページに示すとおりなっております。

    page4image8680

    4

    お戻りいただきまして 3 ページ目、項目の 3 番目実効線量推計結果の評価です。実効線量推計結果 に関しましては、これまでと同様の傾向にあると考えています。そのため、その下にある文章につきま しても変更はございません。4 番目の項目、回答率の向上活動です。引き続き市町村等と連携しながら、 基本調査につきまして県民への周知を図り、回答率向上に向けた各種の取り組みを展開しております。 平成 26 年度の主な取り組みとしては、一般公共施設の甲状腺検査会場における書き方支援事業を継続 するとともに、甲状腺検査出張説明会において「基本調査問診票提出の啓発」や「出前書き方説明会・ 相談会」の開催も呼びかけております。なお、昨年の 6 月と 7 月には 県内各方部の市役所等庁舎内 での書き方支援事業を一斉に実施しまして、甲状腺検査対象者以外にも幅広い方々に書き方支援を実 施いたしました。引き続き対面式での記入支援要望に合わせた事業展開を中心に回答率向上に努めて いくこととしております。なお、回答率向上に向けた今年度の活動内容は次のページに詳細を示して おります。説明は以上です、よろしくお願いいたします。

    星北斗 座長 はい、ありがとうございました。この件について何かご意見・ご質問議論があればどうぞ。

    井坂晶 委員 双葉郡医師会の井坂ですけれども、毎回同じこと質問して申し訳ないんですけども、この受診率の

    向上を図るということで、県民 205 万人対象であったはずなのですが、結局、いろいろ努力して 27% ですね。特に今回は 26 年度の取り組みとして、甲状腺検査に伴った出張説明会ということでしたが、 これは甲状腺受診者本人に対してなのか家族も含めてなのか。それから後は、この甲状腺に関係する 方々以外の方はどういうふうに扱ったらいいのですか。

    それからもう一点ですね。そろそろ、これも限度かなと思うので、せいぜい頑張っても 30%いくの かどうか、その辺だろうかなぁと、推察いたしますけれども、今後の取り組みとしてどうするのかです ね、いつまでこれをやるのかということもお決めしておいた方がいいのかなと思いますね。その辺ち ょっとお伺いしたい。

    石川徹夫 教授
    はい、ありがとうございます。最初の
    1 点目のご質問の甲状腺検査出張説明会ですけれども、これ

    は主にご家族の方が対象になっているかと思います。甲状腺検査対象者の保護者等とご家族の方が対 象になっていると思います。

    あと 2 番目、甲状腺検査以外の対象者に関しましてのご質問ですけども、これは説明の中で少し申 し上げましたけれども、例えば 1 つ例を申し上げますと、本年度市役所庁舎等内での書き方支援事業 というのを行いました。これは 2 ヶ月間県内の 7 つの市あるいは町で書き方支援を実施した事業で、 これは甲状腺検査対象者に限らず幅広い年齢層の方々を対象として実施したということです。このよ

    page5image7192 page5image7352 page5image7512

    5

    うな形で甲状腺検査対象者以外の方に向けたアプローチというのを行っております。それと今後の取 組ということですけども、引き続き甲状腺検査会場における書き方支援事業というのを継続していく とともに、委員の先生方より健診会場における書き方支援というのもコメントいただいておりますの で、そういったものも今後実施していくということで、検討を進めているところでございます。以上で す。

    星北斗 座長 はい、どうぞ。

    井坂晶 委員
    ありがとうございました。
    1 番最初に参加した時に国勢調査ふうにやらないとこれは絶対上がらな

    いというふうにお話したと思うんですけれども、なんか特別な改善策も見つからない限りですね、な かなか 30%までいくのは容易じゃないと私は思っているんですけど。

    星北斗 座長 他に何かありますか。この件も後ほど僕の論点の中に出させていただいていますので、今どういう

    ふうに考えているのか、どうぞ。
    

    阿部正文 放射線医学県民健康管理センター長 センター長の阿部でございます。井坂委員からの基本調査の回答率の目標値、どの辺に置いたらい

    いのかというお話なんですけれども、これこそ星座長の私案の中で論点の中にございますので、その 点はやはり検討委員会の委員の先生方、有識者や専門家の中でですね、どの辺にいったらいいのかと いうことで議論を集約されてですね、その結果を踏まえて県と医大の方は考えたいと思います。

    星北斗 座長 はい、ありがとうございます。そういう構造になっているのです、今。というふうに私は理解してい

    ますので、今は粛々と向上させる努力を医大の皆さんにお願いして実施している。ただ、その目標値を どうするのかとか、より良い改善策があるのかとか、あるいは今後もどういうふうに調査を続けてい くのか、というようなことについては我々の中でもう少しちゃんと議論をしたい。後ほど。はい、どう ぞ。

    清水修二 座長代行 この件に関しては、これ以上回収率を上げるのは難しいのではないかというその問題と、それから 4

    年以上経って、こういうこと調べるというデータの信頼性も非常に危うくなってくるというふうに思

    page6image6352 page6image6512 page6image6672 page6image6832 page6image6992 page6image7152

    6

    うのです。自分の被ばく量を調べてもらう。これ知る権利というものがあると思うので、この基本調査 を止めるということはできないと思いますけども、目標を立てて回収率を上げていくという所であん まりエネルギーを裂く意味が段々無くなってきているというふうに私は思います。回収率については 全体としては高くはないわけですけども、双葉郡で相当な 50%超える回収率ありますから、被ばくの 影響を確認するという意味ではそれなりの回収率になっているというふうに思います。先ほど言われ たように、こちらでその辺の判断をもうそろそろ時期かというふうに感じています。

    星北斗 座長 はい、ありがとうございます。その他何かありますか。長らく色々議論が実際十分してこなかった1

    -3 の「実効線量結果の評価」ということも色々議論をしていない中で、十分な議論をしていないまま に 100mSv 以下云々ということもまだ続けられているということについても、そろそろどんなふうに 考えて行くのかということについて、この委員会としての方向というのはそれなりに出さなくてはい けない時期に来たというふうに私は認識をしています。これも後ほどまた話をさせてください。他に 何かございますか、よろしいですか。

    それでは次にまいります。次は詳細調査に行きます。まず甲状腺検査評価部会の開催がございまし た。資料 2 だと思います。本当は部会長の清水(一雄)先生からお願いする所なのですが、本日所用 で欠席ということなので、私も出席しましたので私の方から資料 2 を使って簡単に説明させていただ きますが、何人かの先生はすでにこの会出席されておりますので、もし足りない所があれば追加でご 発言いただきたいと思います。

    2 2 日です。ビューホテルでやりました。出席者はご覧のとおりです。議事については甲状腺検査 とその他でありますが、主な意見等ということで、部会による現場を見てきたという報告がありまし た。私も行ってまいりました。小学校に行っての検査の様子、それから県立医大において模擬検査、そ して模擬判定委員会に行ってきました。部会員からは「非常に参考になった。もっと早く見させてもら えばもっとありがたかった。」という声が聞かれております。

    それから甲状腺検査の概要、実施状況については資料出ていますが、前回の資料でありますが、対象 者の年齢上昇によってその人達の受診率が低下する傾向にある。B 判定、これも年齢上昇に伴うとい うことで全て説明できるかどうか別としてですね、B 判定が増加しているということです。それから 結節のサイズ変化については様々なパターンがあるということで、どのようにこれから出していくか という意見もございました。部会長がその前の時に次回議論したいと言った 3 つの議題をおさえまし て、それぞれ議論をさせていただきました。今年度中に部会としては意見を集約して本委員会の方に あげたいというのが部会長の意向でございまして、一つ目は先行検査で得られた検査結果・対応・治療 についての評価をすると。特に今の検査のやり方ですね。そしてそれが発現された以降の過剰診断あ るいは過剰治療と言われていることについてどうするのか、今後どう考えていくのかということであ ります。それから二次検査の後に 18 歳以上の方になりますと、特にですけれども、保険診療に移行し

    page7image6720

    7

    た際に医療費の自己負担分というのが発生するがこれについてどう考えるのか。3 つ目が対象者の今 後の追跡はどのようにしていくのか。こういう 3 点でございますが、それを踏まえた議論としまして 結論という形には中々至らなかったんですけれども、過剰診断とならないように判定基準を決めてい ると。現在でも、ということですね。5 ミリ以下については経過観察とするということで取扱っている と。5 ミリから 10 ミリについては、コンセンサスは今の所無いので二次検査の対象としているのだと いう説明と、「累積罹患率等の検討から」というのはつまり、診療カイドラインと書いてありますけれ ども、要は過剰に治療に移らないような配慮が必要じゃないかというような意見。まさに過剰診断が 過剰治療に繋がらないような考え方を診療ガイドラインと書いてありますけども、取り扱いをこれま で小児用のガイドラインではないというふうに説明ございましたので、それをどういうふうに扱って いくのかについては見直すというよりは新たにもしかしたら作らなくてはいけないんじゃないかとい う意見が出ております。

    それから UNSCEAR がごく一部に影響あるものとの見解だったということでございます。これはも うあるかもということになっていますね。米実験のこの件というのは上の UNSCEAR の話でちょっと あれなのですが、ネバダでやった時は甲状腺検査については、住民に知らせた上で受診の判断を本人 達に委ねたということのご紹介がありました。これはご紹介です。ですから、日本でどうするのかとい うことについては議論の余地がございます。

    それから「放射線の健康影響の評価における」とありますが、個人内部被ばく線量も把握がやっぱり 必要なんじゃないかと。外部被ばくから把握をするというよりは直接的な影響の有無を本当に明確に するとすればやっぱり内部被ばくとの関係を明らかにしなきゃいけないという話でございます。これ はぜひ放医研が今頑張っていると聞いていますけれども、あとで報告いただきますが、どの程度まで どのぐらいの事ができるかということを含めて、ただ時間が無いとか、お金が無いとか、人がいないと いうことであれば、何とか国にでも言ってですね、ぜひ、これは実現をしていきたいとの内容でござい ます。それから先ほどの自己負担については公費負担とすべきだということで意見が一致しておりま す。それから「チェルノブイリの若年者ほど影響を受けたということになっていると 10 年経ったとし ても評価すべき対象は中学生、低年齢」と。これどういうことかといいますと、卒業して県外に出て行 ったという人を一生懸命追いかけるというのももちろんしないでいいことではありませんけれども、 その当時の年齢層でこれからしばらくはですね、しっかりと追っかけられる、県内から行っているこ との可能性の低い子供達については、きちっとやるべきだ。そういう意見が出されました。これにつき ましては、また次に回して年度内に報告ということになっております。何か私の説明で足りない所、間 違っている所、追加があれば、出席された先生方どうぞ。

    清水修二 座長代行 一番、私が気になったといいますか、考えさせられた問題がこの最後の黒丸の二つ目ですね。つまり

    渋谷先生が仰った訳ですけれども、たまたま見つかったがんと症状があって確認されたがんとやっぱ

    page8image6448

    8

    り区別すべきだと。その区別の意味は診断の基準を区別するというのはおかしいというふうに思った わけですよね。それは無いだろう。先生が仰ったのはそうではなくて、ここに書いてありますようにガ イドラインを見直して、もっと経過観察とした方が良いと。つまりメスを入れる基準をもっと上げる といいますかね。これはどういう経過で見つかったかに関わらず、少し厳しめに判断した方がいいん じゃないかという、そういうご意見だったということですよね。それであれば私は、理解は出来ます。

    星北斗 座長 これはちょっと渋谷先生も言葉が足りなかったと言って後で反省しておられましたけれども、見つ

    かる端緒によってがんの取り扱いが違うというのは医学的に考えてもおかしな話で、ただ低年齢層で 今までは見つからなかった人達が一生懸命検診をやって見つかったがんというものについて、そうい うものの取り扱いと成人になって見つかってそれからもある程度のふるまいの分かっているがんと、 今ふるまいがよく分からないがんを同じように扱っていいのという話でありますし、むしろそれをし っかりとフォローアップすることで、低年齢層で見つかったがんも自然史というものが明らかになれ ば、新たなガイドラインにもつながるだろうと、そういうお話だったと僕は理解しています。春日先生 それでよろしいですか。

    春日文子 委員 はい、その点についてはそうだったというふうに理解しています。私は朝から現場の見学に参加さ

    せていただいて、小学校で本当に大勢のお子さん達が先生と検査機関の方々の誘導に沿って本当にき ちんと静かに整然と検査を受けられているその様子に非常に感銘を受けましたし、また福島県立医大 で最先端の機器も使って、本当に一例一例丁寧に吟味されているという様子も分かって大変にありが たい見学をさせていただいたと思います。

    もう一つ分かったのは、結果の表には何ミリから何ミリというふうに集計されますけれども、そこ の測り方というのは画像の上でちょっとは変わりうるのだということです。それから一次検査の大勢 のお子さん達を検査する所では、検査者のご本人達の判断で何もない場合にはもうそこで何もないと いう判断がされて、それ以上の複数の目に触れることはないということも分かりました。これはもう 当然のご判断だと思うんですけれども、そういうことで振り分けられているっていう実態もよく分か りました。大変参考にさせていただきました。ご協力ありがとうございました。

    星北斗 座長 はい、その他何かコメントがあれば、どうぞ。

    稲葉俊哉 委員
    最後の所の
    3 番目の UNSCEAR は、ごく一部には影響があるかもとの見解。ここの所が全体として

    page9image6136 page9image6296 page9image6456 page9image6616

    9

    何を意味しているか正直よく分からなくてですね。UNSCEAR の報告書の中で福島のことについて言 及してあるということでしょうか。ちょっと私ついていけてないですが。私、不勉強でそれチェックし てなかったんですが。あと書き直してもう少し丁寧に書いていたくと助かります。原文を言っていた だかないと、これ訳がごく一部には影響があるかもというのが possibly なのか probably なのかとい うのは、これから印象で変わってくるような気がします。

    星北斗 座長 これ多分、当日の議論の中では、大半のこれまで示された報告は影響がないだろうという報告があ

    って、その中で UNSCEAR の報告書の一部にはそういうことについて、あるかもしれないという表記 があったという、僕はそういうふうに理解してそこだけがここに書かれているので、なんかとても変 な感じがするのです。これ残念ながら私が書いたんじゃないですけども。私はそういう印象をもって 受け止めたんですけど。

    清水修二 委員 子供の線量が結構高かったケースについては理論的には影響あり得るという言い方をしていまして、

    これ理論的にはどういうニュアンスなのか、よく私には未だによく分からないですよ。だから完全に 無いというふうに片付けるわけにはいかないので、調査を続けなさいという趣旨かなというふうには 思っているんですけどね。

    星北斗 座長 どうぞ。

    児玉和紀 委員
    今の
    UNSCEAR 云々ですが、要するに内部被ばくの情報があまりないものですから、はっきりとこ

    れだけの被ばく線量と言い切るわけにはいかないので、おそらく被ばく線量が多いということも可能 性としては否定できないので、その場合には「甲状腺がんの可能性は」ということで具体的な情報が不 十分なので、言い切れないというふうに理解をした。

    星北斗 座長 ですから、私これ読んでいて変だなと思ったんですみません。決してこれが、可能性があること、み

    んながそうだそうだといったわけじゃありません。
    

    小林弘幸 県民健康調査課長
    すみません。事務局ですけど、
    UNSCEAR の原文ですが、UNSCEAR の報告の中で、「UNSCEAR

    page10image6560 page10image6720 page10image6880 page10image7040 page10image7200 page10image7360

    10

    は将来のがん統計において、事故における放射線被ばくに起因しえ得る有意な変化が観られるとは予 測していない。」その中で、「推定された線量が最も高い小児の甲状腺がんリスクは理論上増加する可 能性がある。」というふうになっております。

    星北斗 座長 はい、ということだそうです。はっきり言うと内部被ばく線量が殆ど分からない中で、厚めに評価す

    ればその可能性も否定できないというふうに私は読んでいます。それではいいですかね。どうぞ。

    春日文子 委員 もう一ヶ所のこのまとめでは、ちょっと真意が十分説明できていないと思われるのが下から 2 番目

    です。部会員多数意見として「甲状腺検査により発生した医療費の自己負担を公費負担とすべき」とい うふうに多数の意見がまとまったのですが、この説明がちょっとこれだけでは伝わらないかと思いま す。つまり二次検査以降の通常保険診療に移行した後の医療費については、実際は福島県では 18 歳ま では県がカバーするという。これはどの病気についてもそうですね。そういうことが適用されている わけですが、19 歳以上についてはこの保険診療は自己負担分を払わなくてはいけない。この部分につ いて、この部会員としては、これを公費負担とするように福島県からも関係機関に働きかけていただ きたいという。そういう要望を出したということです。

    星北斗 座長 はい、言葉が足りなくてすみません。そういうことです。他よろしいでしょうか。 それでは甲状腺検査について、事務局から説明をお願いします。

    鈴木眞一 教授
    はい、それでは資料ご覧下さい。資料
    3-1 から説明させていただきます。福島医大の鈴木でござい

    ます。
    3-1 は先行検査の暫定版です。前回は 10 31 日までの報告でしたが、今回は 12 31 日までの

    集計結果であります。目的、対象者等は変わりありません。実施期間の中では、これも殆ど変わりあり ませんが、県外の実施、二次検査の実施機関が 25 ヶ所から 26 ヶ所と 1 ヶ所増えているということで あります。

    3-3 ページをご覧下さい。3-3 ページの進捗状況ですが、12 31 日までの分で、合計の受診者 数が 298,577 81.2%の受診率ということで、前回より 1,991 名の増加で 0.5%の受診率の増加をみ ています。結果判明が 793 名増加した 297,046 99.5%の判定率ですが、A1A2 がそれぞれ 51.5%、 47.7%。そして B 判定が 2,250 0.8%と 10 名前回から増えております。

    3-4 ページをご覧下さい。3-4 ページの二次検査の進捗の方でも表 3 をご覧いただくと受診者数 11

    page11image8488 page11image8648 page11image8808 page11image8968

    2,067 名プラス 16 名増えて受診率が 91.8%、判定結果が出たものは 2,010 名ということで 25 名増 えて、97.2%の判定率になっております。次回の検査に A1A2 とか再判定された人が合計で 681 名 ということで、前回よりプラス 8 名増えて 33.9%になっております。またその他では超音波検査を受 けて、そのまま保険診療で経過観察の方が 66.1%の 1,329 17 名増えております。その中で細胞診ま で施行された方が 523 39.4%、前回より 4 名増であります。

    3-5 ページをご覧下さい。その中で細胞診の結果が悪性ないし悪性疑いと出たものは、前回 109 名 の報告でしたが、今度 4 名細胞診した中で 1 名が悪性ないし悪性疑いということで 110 名になりまし た。実際これは 25 年度の実施対象市町村の方で 1 名増えまして、悪性ないし悪性疑いの合計 110 名中 手術は 87 人、前回 85 人の実施でしたので 2 名増えています。いずれも 2 名増えた方は乳頭がんの最 終診断でありました。

    3-6 ページをご覧下さい。この 1 名増えた方は女性でして図 3 でいうと 17 歳の所の女性が 1

    スポンサーサイト

    • 2015.04.20 Monday
    • 18:03
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM